車のガソリン代は満タンでいくら?安く済ませるための7つの方法

・車のガソリン代がわからない
・車のガソリン代が満タンでいくらになるのか知りたい
・ガソリン代の節約の仕方を知りたい

このような疑問にお答えします。

この記事のポイント

POINT!

・車のガソリン代の抑えるべきポイント

・車のガソリン代を安く済ませるための7つの方法

・レンタカーを借りる際には、ガソリン満タンで返却したほうがお得!

車のガソリン代がいくらかかるかわからないから計算ができない。ガソリン代を抑えて車を運転したい。ガソリンを節約する方法はあるのかな。このようなことで悩んでいませんか?

この記事を読むことで、車のガソリン代、ガソリンの節約方法がわかります。

ガソリン代をできるだけ節約したいという方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

車のガソリン代は満タンでいくらになる?ポイントを解説

ガソリン代は満タンでいくら

車のガソリン代は、一概に満タンで〇〇円になる、と断定はできません。

主に4つのポイント抑えておく必要があります。

車のガソリン代で抑えるべきポイント
  • 一般的な料金

  • 車種

  • 燃料の種類

  • 燃料タンクの容量

この4つの要素を加味した上で、ガソリン代がいくらか決まってきます。

1つずつ見ていきましょう。

ポイント1:一般的な料金

ポイント1つ目は「一般的な料金」です。

軽自動車を例にあげて説明します。

軽自動車の燃料タンクの容量は「平均30ℓ」です。現在のガソリン代が約160/ℓなので、満タン入れると「約4800円」という計算になります。

ポイント2:車種

ポイント2つ目は「車種」です。

車種によって燃費は変わり、燃費が良いほどガソリン代は安くなります

中でも、ハイブリッドカーは通常のガソリン車よりも1.5倍ほど燃費が良いです。

車を探す際には、用途や目的・昨日だけでなく、燃費も1つの判断材料にするといいかもしれませんね。

ポイント3:燃料の種類

ポイント3つ目は「燃料の種類」です。

車の燃料は大きく分けて3つあります。レギュラーガソリン・軽油・ハイオクガソリンの3つです。それぞれ特性が異なり、車両によって燃料が違うので間違えないようにしましょう。

乗用車では、主にレギュラーガソリンを使うことが多いです。

ポイント4:燃料タンクの容量

ポイント4つ目は「燃料タンクの容量」です。

車の一般的な燃料タンクの容量の目安は、軽自動車で約30ℓ、コンパクトカーで約40ℓと言われています。

もちろん容量が大きければ大きいほど、ガソリンを満タンにした時の値段は変わってきます。

容量が大きければ良いというものでもなく、燃費の良さ、乗車人数など様々な要素からガソリン代を見積もるといいでしょう。

車のガソリン代を安く済ませるための7つの節約方法ガソリン代は満タンでいくら

車のガソリン代は、ちょっとした工夫で節約することが可能です。

今回は7つの節約方法をピックアップしました。

車のガソリン代を安く済ませるための7つの節約方法
  • 車に荷物を積みすぎない

  • セルフガソリンスタンドの利用

  • 運転方法

  • エアコンの節約

  • タイヤの空気圧

  • ルートの下調べ 

  • クレジットカードの利用

どれもすぐに実践できますので是非試してみてください。

節約方法1:車に荷物を積みすぎない

節約方法1つ目は「車に荷物を積みすぎない」ということです。

車両の重量が燃費に影響するため、車両が重ければ重いほど燃費は悪くなってしまいます。

燃費が悪くなると、当然ガソリン代も高くなってしまいます。

普段から載せっぱなしにしてしまっている荷物を見直して、必要な時のみ乗せるようにしましょう。

節約方法2:セルフガソリンスタンドを利用する

節約方法2つ目は「セルフガソリンスタンドを利用する」ということです。

一般的に、セルフガソリンスタンドは、フルサービスのガソリンスタンドよりも2~5/ℓほど価格が安いです。

その分、フルサービスのガソリンスタンドでは、ごみの回収・窓拭きなどのサービスが充実しておりメリットもあります。

少しでもガソリン代を安く済ませたいのであれば、セルフガソリンスタンドを利用しましょう。

節約方法3:不要なアイドリングを避ける

節約方法3つ目は「不要なアイドリングを避ける」ということです。

10分間のアイドリングで燃料を約130cc消費しますのでガソリン代がかかります。

駐停車時はエンジンをなるべく止めるようにしましょう。

Check!条例によってアイドリングストップが義務付けられている地域もあリます。

節約方法4:適切なエアコンの使用

節約方法4つ目は「適切なエアコンの使用」です。

エアコンの使用によって燃費は悪くなりますが、以下のように適切に使用することで燃費を改善することができます。

夏場の炎天下に駐車の際、駐車後はドアや窓を開放し、空気を入れ替えてからエアコンを使用するようにしましょう。

冬場の暖房については、エアコン(A/C)のスイッチを原則入れる必要はありません。なぜなら、家庭のエアコンと違い、車のエアコンの暖房はエンジンの熱を使用しているためです。

いらなくなった熱を利用しているので、A/Cスイッチを入れる必要がないのです。

節約方法5:タイヤの空気圧を適正に保つ

節約方法5つ目は「タイヤの空気圧を適正に保つ」ということです。

タイヤの空気圧が不足していると、抵抗が大きくなって燃費が悪化します。

また、燃費が悪くなるだけでなく、タイヤのバーストや事故の原因にもなりかねないので、月に1回は点検してタイヤの空気圧を適正に保つと良いでしょう。

節約方法6:ルートの下調べ 

節約方法6つ目は「ルートの下調べを行う」ということです。

目的地に向かう際に、道を間違えてしまうとその分余分な燃料がかかってしまいます。

出発前にルートを確認しておき道に迷わないようにしましょう。

また、渋滞情報や事故・工事などの道路交通情報を確認しておくことも大切です。

渋滞を避けることで燃料の節約に繋がります。

節約方法7:会員割引やカード特典の利用

節約方法7つ目は「会員割引やカード特典の利用」です。

ガソリンスタンドの会員割引が適用した場合、非会員と比べて1~2/ℓほどガソリンが安くなります。

さらに、ガソリンスタンドが推奨しているクレジットカードを使用することでガソリン代がさらに安くなることもあります。

ガソリン代も安くなりますし、ポイントも貯まるので非常にお得ですよね。

頻繁に利用するガソリンスタンドがあれば、会員・推奨のクレジットカードをチェックして、ガソリン代を安く済ませましょう。

レンタカーを借りる際には、ガソリン満タンで返却したほうがお得!

ガソリン代は満タンでいくら

レンタカーの返却時の支払い方法で「ガソリン満タンにして返却」「走行距離の距離計算で支払う」というものがありますが、「ガソリン満タンにして返却」の方がお得です。

理由は、「ガソリン代がもともと高く設定されているから」です。

「距離計算」に設定されているガソリン代には、レンタカー会社のスタッフがガソリンを入れに行く手数料も含まれている為、街中の価格よりも高く設定されています。

ガソリン代を安く済ませたい時には、「ガソリン満タンにして返却」を選択しましょう。

 

レンタカーの返却時に、ガソリンを入れるだけでなく、どういった手順で返却したら良いのか悩んだことはありませんか?そんな疑問を解決するための、レンタカーで「ガソリン満タン返却」は必要?3つの返却手順も解説 という記事があります。この記事を読むと、レンタカーの返却方法・カーシェアサービスの仕組みなどを知ることが出来ます。レンタカーの返却方法について知りたいという方は、下記のリンクからぜひご覧ください。

・参照元URL:https://kumamoto-rentacar.com/blog/return-full-gasoline/

車のガソリン代はポイントによって値段が変わる!手短な所から節約しよう【まとめ】

いかがだったでしょうか。車のガソリン代は車種・燃費・燃料タンクによって値段が違うことがわかりましたね。

また、ガソリン代の節約方法を7つ紹介しました。

車のガソリン代を安く済ませるための7つの節約方法
  • 車に荷物を積みすぎない
  • セルフガソリンスタンドの利用
  • 運転方法
  • エアコンの節約
  • タイヤの空気圧
  • ルートの下調べ 
  • クレジットカードの利用

ついつい見落としてしまいがちな方法でしたが、これを日々心がけるだけでコストが大幅に変わっていきます。

どれも今すぐに始めれるものばかりなので、実践しガソリン代を節約していきましょう!

 

 

© 2016 熊本レンタカー All Rights Reserved.