レンタカーの長期利用時はメンテナンスが必要?トラブル対応の方法は?

レンタカーを返すときはメンテナンスが必要なのか
レンタカー利用中にトラブルがあった場合にはどうするの?
車内の清掃や洗車などもした方が良いの?

このような声にお答えします。

この記事を読むと、

POINT!
  • レンタカー返却時のメンテナンスが必要か分かります
  • レンタカー利用時に不具合が出たときの対処法がわかります
  • 洗車や車内の掃除が必要か知ることができます

レンタカーを返却時に洗車や清掃などのメンテナンスが必要なのか疑問に思うことはありませんか。特に長期契約などマンスリー契約などしている場合、利用中に不具合が起きてしまった場合には自己負担が必要なのか気になりますよね。

この記事では返却時にメンテナンスが必要か、長期契約期間中に起こってしまったトラブルの対処方法、洗車や清掃が必要かどうか書かれています。レンタカーのメンテナンスについての悩みがある方はぜひご覧ください。

はじめは洗車や清掃が必要かどうか見ていきましょう。

レンタカーは返却時にメンテナンスを「する必要はない」

レンタカーを洗車する赤い服の店員

レンタカーの返却時には清掃や洗車といった、ンテナンスをする必要はありません。レンタカーの利用料金には、清掃代や洗車代の手数料も含まれた料金が提示されています。レンタカー利用後に洗車をして返す必要もないので、気軽に利用することができるのが嬉しいですね。

どれだけ汚してしまっても問題ない?

汚れが激しいと別途で車両の清掃費が必要になる場合があります。食べこぼしや飲みこぼし等通常起こってしまう可能性がある汚れは問題ありませんが、次のお客様に貸し出しが出来なくなってしまうくらい汚損が激しい場合には別途で料金がかかってしまうこともあります。

故意に汚そうと思われる方はいないとは思いますが、車内が汚れてしまう可能性がある場合には、ブルーシートを敷いて汚すのを防ぐなどの対策をしましょう。

洗車や清掃をしてはいけないわけではない

レンタカーの洗車や清掃を「する必要はない」ですが「してはいけない」というわけではありません。気になるようでしたら洗車や清掃をしても問題ありません。レンタカーで雪山や川へ行った際の外側の汚れや、引っ越し作業や廃棄物の運搬で車内が汚くなってしまったなど、気になる場合には洗車や清掃を行っても問題ありません

Check!借りた車を綺麗な状態で返却してくれるのは、レンタカー会社にとっても嬉しいです。清掃や洗車時の費用は自己負担となるので注意して下さいね。

レンタカーの返却では、洗車ではなく給油して返すことが重要です。レンタカーの返却方法や手順について知りたい方のために“【注意】レンタカーで「ガソリン満タン返却」をしないと割高になる?”という記事があります。レンタカーの返却方法についてもっと詳しく知りたいという方は以下のリンクをクリックして記事をご覧ください。

・参照元URL:https://kumamoto-rentacar.com/blog/return-full-gasoline/

レンタカーの3つのメンテナンス確認点

レンタカーを日常点検する白い服の女性

レンタカーを利用するときに以下の3つのポイントを確認することで、未然に事故や故障を防ぐことができます。貸出時にレンタカー会社は確認していますが、自らの目で毎回確かめましょう。

日常点検のポイント

・エンジンルーム内のチェック
・車外のチェック
・車内のチェック

安全運転を心がけることはもちろんですが、日常点検によって車も良い状態で走らせることも大切です。

その1:エンジンルーム内のチェック

まずはボンネットを開けてエンジンルーム内のチェックをしましょう。

Check!1.ブレーキオイル…オイル漏れ、残量確認
2.ウォッシャー液…フロントガラスを洗浄する液の確認
3.エンジンオイル…オイル漏れ、残量確認
4.冷却水…不凍液のタンク残量の確認
5.バッテリー…バッテリーの電圧が上がっていないか

その2:車外のチェック

エンジンルームの確認が終わったら車の外周りの点検を行います。

Check!1.ライト、ウインカーランプ…きちんと点灯するか、レンズの割れ汚れがないか
2.タイヤ…空気圧の点検、タイヤに溝があるか、ひび割れなどの劣化がないか
3.ワイパー…ワイパーゴムが消耗していないか

その3:車内のチェック

最後に出発前の車内のチェックを行いましょう。

Check!1.エンジン音…エンジンをかけたときに異音がないか
2.ワイパー…しっかりと撥水するかどうか
3.ブレーキ…効き具合の確認

日常点検はドライバーの義務です。日々確認をすることによって事故やトラブルを防ぐことができます。

レンタカーの長期契約時にメンテナンスが必要な場合には?

レンタカー洗車する黒い服の男性客

長期契約中の思わぬトラブルにも無償で対応してくれることが多いので、安心して利用できます。レンタカーでは利用される方が不便しないよう常日頃からの点検は欠かさず行っています。

加えてレンタカーは法定点検の回数も自家用車よりも多くなっています。自家用のマイカーは1年、2年ごとですが、乗用車のレンタカーは6カ月、12カ月乗用車以外のレンタカーは3カ月、12カ月としっかりと管理されています。

ですがマンスリー契約などで長い間借りているときには、その間点検を行うことはできず、ライトやバッテリーなどの消耗品が切れてしまうことがあるかもしれません。そんなときには、お近くのカーショップやガソリンスタンドに車を持って行き、交換してもらいましょう。

その際に領収者をしっかり貰い、後にレンタカー会社へ請求しましょう。その方法で多くのレンタカー会社が対応してくれることでしょう。

長期契約期間なのに車が故障してしまったら?

長期契約中に車が動かないようなトラブルにあってしまった場合にも無償で車両を変えてくれることが多いです。車両の故障や不具合を感じたら、直ちに借り受けたレンタカー会社に確認しましょう。

レンタカーのメンテナンスは全てレンタカー会社にお任せ【まとめ】

レンタカーの返却時にメンテンナンスは行う必要はありません。車内の食べこぼしや飲みこぼし等の一般的な汚れは全く問題ありません。しかし、車両が使えなくなってしまう程汚してしまうと別途で車両清掃料金を取られてしまうこともあるようなので注意が必要です。

レンタカーは洗車や清掃を気にすることなく、旅行やちょっとした荷物の運搬に気兼ねなく利用できます。清掃や洗車などの専門知識をもったプロの方が行ってくれるので貸出時にも綺麗で清潔な車に乗ることができます

レンタカーを利用する際には、親切丁寧なスタッフが対応してくれます。そんな便利なレンタカーを気軽に一度利用してみませんか?

© 2016 熊本レンタカー All Rights Reserved.