レンタカーでチャイルドシートは借りられる?利用方法や料金を【徹底解説】

レンタカーでチャイルドシートを利用したい!
チャイルドシートは のレンタル料はいくらかな?
チャイルドシートってそもそも必要なのかな?
熊本で小さな子どもとドライブを楽しみたい!


このようなお悩みにお答えします。

この記事を読むと、

POINT!
  • チャイルドシートのレンタル方法がわかります。
  • チャイルドシートの必要性がわかります。
  • 熊本でお得にレンタカーを借りる方法が分かります。
おこさまと旅行やレジャーでドライブを楽しむ際、おこさまの安全を守るために必要になるのが、チャイルドシートです。この記事では、レンタカーでチャイルドシートを借りる方法や、料金についてご紹介します!

そもそも、チャイルドシートって必要なの?と思っている方にその重要性についてお伝えしていきます。

チャイルドシートは義務付けられている!?

赤い車の中から男の子が顔を出していて、母親は車に乗っている様子

実は、チャイルドシートの装着は法律(道路交通法)によって義務付けられているんです!

レンタカーを利用する際も、装着義務があるため注意をしましょう。

6歳未満の乳幼児にはチャイルドシートが必要

チャイルドシートの着用は2000年4月1日から道路交通法の改正によって義務化されました。
道路交通法には、6歳未満の幼児を乗車させる場合にはチャイルドシート(もしくはジュニアシート)を使用することが義務づけられています。

しかし、車のシートベルトは身長140cm以上を対象に設計されているため、140cmに満たないお子さまの場合、6歳以上であっても、安全のためチャイルドシート(またはジュニアシート)を装着することが望ましいです。

Check!チャイルドシートの着用義務を怠ったドライバーには罰則や罰金、反則金はありませんが、交通違反の点数加点(1点)があります。

レンタカーでチャイルドシートの装着義務が免除される条件とは

ほとんどの場合で、装着が義務付けられているチャイルドシートですが、場合によっては、免除されるケースがあります。以下のケースをしっかり確認して、該当しない場合はチャイルドシートを使用するようにしましょう。

免除されるケース

  • 座席の構造上、チャイルドシートを固定することができない場合
  • チャイルドシートにより、定員人数の乗車ができなくなる場合
  • 子どもの怪我や障害により、チャイルドシートが子どもの健康に悪影響を及ぼす場合
  • 肥満や身体的な問題によってチャイルドシートの装着が難しい場合
  • チャイルドシートを使用したままでは、おむつ交換や授乳などの日常生活上の世話ができない場合
  • バス・タクシーなどに乗る場合
  • 許可されている自家用運送車に乗せる場合
  • 怪我をした子どもを病院へ連れて行く場合や、迷子の子どもを保護し警察へ連れて行く場合
Check!免除されるケースとして勘違いされやすいのが、大人が抱っこしてする場合です。この場合も装着は義務付けられているため、注意をしましょう。

チャイルドシートの3つの種類

チャイルドシートに座っている外国人の赤ちゃんの様子

一口にチャイルドシートといっても、実は年齢に合わせて3つのサイズがあるのをご存じでしょうか。

チャイルドシートの3つの種類
  • 種類1:ベビーシート
  • 種類2:チャイルドシート
  • 種類3:ジュニアシート

子どもの成長に合わせて、適したサイズのチャイルドシートを利用することで、おこさまの安全を守りましょう。

種類1:ベビーシート

チャイルドシートの種類で最も小さいおこさま向けなのが、ベビーシートです。

ベビーシートは1歳頃までの乳児が使用するチャイルドシートです。

  • 〈年齢〉生まれてから1歳頃まで
  • 〈体重〉0~13kg
  • 〈身長〉60cmまで
  • 〈設置箇所〉進行方向に対して後ろ向きに取り付ける。   5点式ハーネスで固定するものが一般的

種類2:チャイルドシート

チャイルドシートは、1歳以上の幼児期を対象としたシートで、首がすわり、おこさま自身で座れることが使い始めの目安になります。

  • 〈年齢〉1歳頃~4歳頃まで
  • 〈体重〉65cm~100cmまで
  • 〈身長〉9~18kg
  • 〈設置箇所〉進行方向に対して前向きに取り付ける。

種類3:ジュニアシート

チャイルドシートの中で最も大きいサイズがこのジュニアシートになります。

  • 〈年齢〉おおよそ3歳~7歳まで
  • 〈体重〉15㎏以上
  • 〈身長〉100㎝~130cmまで
  • 〈設置箇所〉車に装備されているシートベルトを直接子どもに使用する
Check!子どもの成長によるため、3つの種類の利用はあくまで目安になります。また、シートの形やタイプも様々あるため、それぞれのおこさまに合わせたチャイルドシートを利用して、おこさまの安全を守りましょう!

レンタカーでのチャイルドシートの利用方法と料金

車から顔を出している母親と赤ちゃんの様子

レンタカー会社には必ずレンタル用のチャイルドシートが用意されている為、借りることは可能です。ほとんどの場合は、オプションか無料での貸し出しになります。

レンタカーでチャイルドシートを利用する方法
  • 方法1:オプションで利用
  • 方法2:持参する

方法1:オプションで利用

レンタカーでチャイルドシートを使用する場合、たいていはオプションとして、借りることになります。
チャイルドシートの相場は一般的に550~1,100円ほどになります。お店によっては無料で貸し出しをおこなってることもあるため、レンタルを考えている方は1度調べると安心です。

方法2:持参する

レンタカーにチャイルドシートを持参することも可能です。

とにかく費用を抑えたい方や、チャイルドシートにこだわりがある方などは、普段使っているものを持参してもいいですね。

熊本でレンタカーを借りるなら熊本レンタカーがおすすめ!

車の運転席にオムツの赤ちゃんが座っている様子

熊本でおこさまとドライブを楽しむなら熊本レンタカーがおすすめです!

熊本レンタカーならチャイルドシートが無料!

熊本レンタカーでは、チャイルドシートを無料でレンタルすることができます。
熊本レンタカーでは、1日3,300円から格安で車を利用出来るだけでなく、チャイルドシートを初めとしたオプションや、免責補償もコミコミの金額のため、非常に分かりやすく、お得に借りることができます!


チャイルドシートを無料で借りることが出来るため、料金を抑えようとチャイルドシートを持参する必要もありません!

熊本空港からの送迎でおこさまがいてもラクラク!

熊本レンタカーは、熊本空港から5分というアクセスの良さが魅力です。

更に熊本に着いた際は、熊本空港まで迎えに来てくれるため、迷う心配もありません!

レンタカーを返却する際も、空港行きのバス停まで送迎してもらえます。
小さなおこさまを連れての移動は大変なため、送迎付きなのは嬉しいポイントですよね!

レンタカーでチャイルドシートは借りられる!【まとめ】

いかがでしたでしたか?

レンタカー会社には必ずチャイルドシートの準備があるため、借りることができます。会社によって、オプションもしくは、無料での貸し出しになるため、利用する際はチェックするようにしましょう!

また、チャイルドシートは6歳未満のおこさまには装着が義務付けられています。年齢や成長に合わせてシートを選び、おこさまの安全を守りましょう。

熊本レンタカーではチャイルドシートを無料レンタルできるため、おこさまとのドライブを楽しんでみてはいかがですか?

© 2016 熊本レンタカー All Rights Reserved.