【注意】レンタカーで「ガソリン満タン返却」をしないと割高になる?

レンタカーの返却方法がわからない
ガソリンは満タンにして返すのかどうか知りたい
ガソリンを満タンにして返さないとどうなるのか知りたい

このような疑問にお答えします。  

この記事を読むと、

POINT!
  • レンタカーの返却方法を知ることができます
  • ガソリンを満タンにして返したがほうが良い理由がわかります
  • ガソリン満タンで返す以外の方法を知ることができます

レンタカーを借りたのは良いけど、返却方法がわからない。なんでガソリンを満タンにして返すのか知りたい。ガソリン満タン返し以外の方法はないのかな。このようなことで悩んでいませんか?

この記事を読むことでレンタカーの返却方法、ガソリンを満タンにして返した方が良い理由がわかります。また、ガソリンを節約してレンタカーを利用できる方法も知ることができますよ。

まずは、レンタカーの返却方法をみていきましょう!

ガソリン満タンは必須!レンタカーの返却手順はこの3つだけ

レンタカーに給油する女性

各レンタカー会社によって細かな違いはあると思いますが、レンタカーの返却手順は大まかに分けると3つあります。

レンタカーの返却手順
  • ガソリンを満タンにして返す
  • キズの確認をする
  • 超過料金の精算をする

 

「あれ、たった3つしかないの?」なんて思いませんでしたか。そうなんです!レンタカーの返却手順で複雑なことはないのです。

手順その1:ガソリンを満タンにして返す

レンタカーの返却手順その1は、ガソリンを満タンにして返すことです。ガソリン満タンの返却は必須です。なぜなら、次に利用される方がスムーズに使えるようにする必要があります。前に利用された方が満タンで返しているため、貸出時には燃料が満タンの状態で貸し出されています。そのため、ガソリンを満タンにして返すことが、返却時のルールとして定められていることが多いです。

「ガソリンスタンドが近くに見当たらない。探すのが面倒だ。」そんな悩みもありますよね。安心してください。出発時に、返却店舗周辺のガソリンスタンドが掲載された地図を貰うことができますよ。

また、返却時にガソリン満タン証明として、給油レシートの提示が求められます。レシートは返却時まで無くさずにとっておきましょう

Check!車両ごとに入れる燃料も異なります。燃料の種類は、赤色ノズルの・ガソリン(レギュラーガソリン)、黄色ノズルの・プレミアムガソリン(ハイオク)、緑色ノズルの・ディーゼル(軽油)の3種類です。それぞれ特性の異なった燃料なので、間違えて違う燃料を入れることのないようにしましょう。

手順その2:キズの確認をする

レンタカーの返却手順その2は、キズの確認をすることです。貸出時にキズ・ヘコミの有無を店舗スタッフと一緒に確認します。チェック後についた新たなキズなどがないか確認します。もともとあったキズの確認を貸出時のチェックでも怠らないようにしましょう。

Check!万が一ぶつけてしまった場合には、隠さず警察と出発店舗に必ず連絡しましょう。事故証明がないと、保険が全く使えなくなってしまいます。1日1,000円程度で利用できる、免責補償制度は安心のために加入したほうが良いですね。

手順その3:超過時間の精算をする

レンタカーの返却手順その3は、超過時間の精算をすることです。レンタカーを借りた契約時間内に返せなかった場合に発生する延長料金のことです。やむを得ずレンタカーを契約時間内に返せない場合には、はやめに店舗に連絡しましょう。連絡なしの超過は、レンタカー会社が別途に定める違約料金を請求される場合があるので、注意が必要です。

レンタカーの返却手順はたったの3つしかありません。あとは車内の忘れ物を確認して返却するだけです。ゴミは車内に放置せずに必ず持ち帰りましょう。

「距離計算」の支払いは割高になる!

走行距離計算で支払額が増えた女性

レンタカーの返却時には「ガソリン満タン」以外にも走行距離「距離計算」で支払うという方法があります。

しかし、ガソリンを満タンにして返すより割高になります

ガソリン代がもともと高めに設定されている

「距離計算」に設定されているガソリン価格は、街中の価格よりも高く設定されています。それはレンタカー会社のスタッフが、ガソリンを入れに行く手数料もその代金に含まれているからです。その点を考えると、少し手間暇を掛けて自分自身でガソリンを入れた方が、安く利用できるということになります。

レンタカーをお得に使うには、ガソリン満タンで返却した方が良いといえます。

レンタカーの返却時にはガソリンを入れるだけでなく、洗車や清掃などのメンテナンスが必要なのか考えたことはありませんか?そんな疑問を解決するための“レンタカーの長期利用時はメンテナンスが必要?トラブル対応の方法は?”という記事があります。この記事を読むと、レンタカー返却時のメンテナンスの有無に加えて、日常点検の方法などを知ることが出来ます。レンタカーのメンテナンスについて知りたいという方は、下記のリンクからぜひご覧ください。

https://kumamoto-rentacar.com/?post_type=blog&p=1071

ガソリン代を節約するための運転方法はこの5つ!

ガソリンを節約した運転でハッピーな女性

レンタカーは、5つの運転方法を心掛けることでガソリン代を安くすることができます。

ガソリンを節約する運転方法
  • “急”と名の付く行為は避ける
  • エアコンを極力使わない
  • アイドリングをストップする
  • カーナビを活用する
  • 心と時間にゆとりを持つ

 

普段何気なく運転しているかもしれませんが、少しの意識でガソリン代が大幅に安くなりますよ。その方法は以下の5つです。それぞれについて詳しくみていきましょう!

その1:“急”と名のつく行為は避ける

ガソリン代を安くするための運転方法その1は、“急”と名の付く行為は避けることです。具体的には、急発進・急ブレーキ・急加速です。急にアクセルを強く踏む、ブレーキを強く踏む、という行為はエンジンに負担をかける運転です。時には必要な場合もありますが、基本的にはしないようにしましょう。

その2:エアコンを極力使わない

ガソリン代を安くするための運転方法その2は、エアコンを極力使わないことです。エアコンを使うということでもガソリンは消費されます。暑いときには窓を開けて、寒いときは着込むなどして対策できます。ですが、体調管理のために必要最低限のエアコンは使いましょう。

その3:アイドリングをストップする

ガソリン代を安くするための運転方法その3は、アイドリングをストップすることです。車を動かしていなくても、エンジンがかかっているとガソリンを消費します。以下を実践することでガソリン消費を抑えることができます。

 
Check!
  • 信号待ちではアイドリングストップを活用する
  • コンビニなどの短時間の停止ではエンジンを止めて駐車をする

これらの方法は燃料費の節約だけでなく、騒音の軽減や排出ガスの削減につながり、地球環境にも配慮されています

その4:カーナビを活用する

ガソリン代を安くするための運転方法その4は、カーナビを活用することです。渋滞のノロノロ運転はイライラするだけでなく、加速と減速を繰り返します。そのためガソリンを消費する原因になります。目的地までカーナビを設定して、前もって渋滞を回避しましょう。

その5:心と時間にゆとりをもつ

ガソリン代を安くするための運転方法その5は、心と時間にゆとりをもつことです。前方車との車間距離は十分にとりましょう。車間距離を詰めすぎてしまうと無駄な加速や減速を繰り返すことになります。結果的にガソリンを通常より多く消費することになってしまいます。

さらに、時間にゆとりがないと注意力が散漫になります。フライト時間やレンタカーの契約時間ギリギリだったら焦りますよね。その結果運転も荒くなり、重大事故につながる可能性もあります。心と時間に余裕をもって運転するようにしましょう

Check!また、レンタカーを借りる際に、燃費性能の良いハイブリッドカーを選択することもガソリン代を安く抑えるコツです。

レンタカーはガソリン満タン返却がお得!【まとめ】

いかがだったでしょうか。レンタカーをお得に使うには「ガソリン満タン」で返却した方が、安くなることが分かりましたね。

また、ガソリン代を安く抑えるための運転方法は以下の5つがありました。

ガソリンを節約する運転方法
  • “急”と名の付く行為は避ける
  • エアコンを極力使わない
  • アイドリングをストップする
  • カーナビを活用する
  • 心と時間にゆとりを持つ

 

見通しの良い道路では、ついスピードを出し過ぎてしまいます。また、旅先の景色が良い場所をドライブする時には、注意力が散漫になりがちです。ガソリンを無駄に使うだけでなく、思わぬトラブルに巻きこまれるかもしれません。時間の余裕と心にゆとりをもった運転が求められますね。

レンタカーで旅行の際にはしっかり計画を立てて、余裕を持った運転をして楽しみましょう!

© 2016 熊本レンタカー All Rights Reserved.